ステンドグラスランプ制作致します。まずはメール・お電話でお問い合せください。

them.gif



5月16日(水)福岡地方 くもり

今日のステンドグラス/バックナンバー

No.46  明るすぎるのもどうかと。

090424-(246).jpg

後藤ゆみこ先生のランプはちょっと懐かしくて新しいステンドグラスランプ。懐かしさにもいろいろあるけど。これは、70年代の懐かしさかな。だからほっとする。かといって古いってわけじゃない。光が違うよね。どこにも無い暖かい光。時代はLEDの乾いた光を求めているんだろうか?もっと有機的な光の方が良いよね。特に人と会って話をしている時くらいは。

というわけで最近、ちょっと暗めの喫茶店って少なくなってきたよね。ファミレスとかどんどん進出してきて、ちょっと歩くだけでコーヒーも手軽に飲める。安いこともあって、そんなお店で話をするようになっているんだけど、そうしたお店ってとても明るいんだ。だからもうチョット正確に言うと、照明を抑え落ち着いた喫茶店からどんどん足が遠のいているってことになる。それに小さな町では、ファミレスやファーストフード店などの進出で、小さな喫茶店も少なくなっているようだ。ファミレスでの会話の内容が、本当は少々暗めの場所で話すのにピッタリなコッソリ話っていうこともあるんだけど。深刻な話なんかはもうちょと落ち着いた場所が良いと思うけど、時代は明るい方へ明るい方へと向かっているのだろうか。昔のジャズ喫茶も、今では明るいジャス喫茶っていうのもあるみたいだし。

あまり暗すぎはどうかと思うけど、食事するにせよ、お茶するにせよ、ちょっと照明を落としている方が周りとの空間共有をあまり気にしなくて良い。安っぽくないしね。そんな中、ステンドグラス作家の後藤ゆみこ先生は、ステンドグラスを使ったインテリア照明を作っている。モチーフシリーズという一連の作品で、花や図形など同じ大きさと形のパーツを立体的に組み合わせてつくるステンドグラス製ランプシェードがそれ。ステンドグラスを通した複雑な光と、色影の反射がとても綺麗で、個性的な空間をつくるにはピッタリの魔法のランプ。70年代や大正ロマンまでゆっくり旅して、一挙に現代に戻ってきたような不思議なデザイン。どことなく懐かしく新しい。このステンドランプの下なら、ちょっと未来の話をしたくなる。恋人同士なら、これから先の明るい話なんか良いよね。照明にも気を遣っている優れた設計者の方に一度使ってもらいたい作品だ。

LinkIcon商品についてはこちらから

▼フットランプシリーズもございます。

lamp01.jpg
フットランプ ピース
¥3,675
lamp044.jpg
フットランプ ウェーブ
¥3,990
lamp_1.jpg
三つ葉
¥4,410
foodpic2625396mini.jpg
プチフラワー
¥4,200
33126.g1oee.llamini.jpg
足元ドロップ
¥4,200

lamp02.jpg
フットランプ ジュエル
¥3,990
lamp05.jpg
フットランプ メルヘン
¥3,990
lamp_2.jpg
モンドリアン
¥3,990
33125.lqtng.llamini.jpg
プチフラワー
¥4,200
foot_aug_05mini.jpg
ポルカドット
¥4,200

lamp033.jpg
フットランプ リリー
¥3,990
lamp06.jpg
おやすみランプポップアート
¥4,200
foodpic2616093mini.jpg
プチフラワー
¥4,200
foodpic2625452mini.jpg
足元クローバー
¥4,200


◎商品についてのお願い
◎本製品は、すべてハンドメイドのオリジナル商品です。そのため写真と若干の違いがある場合があります。
◎材料のステンドグラスも全て手作りのため、写真と色の感じが若干異なる場合があります。
また、材料が廃版となって、写真と多少異なる色の場合もあります。
色が大幅に異なる場合はメールや電話でご相談いたしますので、ご了解ください。
◎当サイトのステンドグラス商品のデザインは、ステンドグラス作家・後藤ゆみこさんのオリジナルのため、作品のコピーは固く禁止します。

商品についての最終更新日 : 2013-06-04

ページの先頭へ