オリジナルステンドグラスのアリスのポケット

ステンドグラスをカットするための必要な道具です。

■ガラスカッター/glass cutter
ガラス切りのための道具です。ガラス切りには、ダイヤモンドビットとローラーカッター(ウィールカッター)の2種類がありますが、ダイヤモンドビットは使い方にコツが必要ななためステンドグラス製作にはあまり向いていません。一方のローラーカッター(ウィールカッター)は、小さな車に力を加え、引っ張るだけで直線や曲線が手軽にスコアを入れることができます。
ローラーカッター(ウィールカッター)は灯油などの潤滑油をつけながら使用しますが、ウィールにはいつも油をつけておかねばならないので手間がかかります。そこで、そうした手間を解消するオイルセルフェイングカッターというカッター内にオイルを注入できるタイプもあります。油には、スコアが開いた状態にしてくれる役割があります。
参考/ガラスカッター.com

■スコア/glass cutter
ステンドグラス制作では、ガラスカッターでつけたカットラインをスコアと呼びます。スコアラインはほとんど目に見えませんが、ガラス内の分子は分割されます。しかし、ガラスには、スコアをつけた直後にカットしないと、再び分子がくっついてしまう性質があるので注意が必要です。スコアをつける時、カリカリという音がします。

■セイフティグラス/safety glasses
ステンドグラス制作では、目を保護するメガネが不可欠です。ガラスをカットしたり研磨の際にガラスの粉が目に入る場合もあるからです。

クリックすると次の道具と材料に進みます。

◎商品についてのお願い
◎本製品は、すべてハンドメイドのオリジナル商品です。そのため写真と若干の違いがある場合があります。
◎材料のステンドグラスも全て手作りのため、写真と色の感じが若干異なる場合があります。
また、材料が廃版となって、写真と多少異なる色の場合もあります。
色が大幅に異なる場合はメールや電話でご相談いたしますので、ご了解ください。

商品についての最終更新日 : 2017-07-03

ページの先頭へ