オリジナルステンドグラスのアリスのポケット

ステンドグラスをペインティングする材料です。

■ペインティングパウダー/powder painting
ステンドグラス制作の着色に使用する粉末状の絵の具の総称です。主な種類には、グリザイユ、トランスペアレント、シルバーステインなどがあります。
水や酢、ラベンダー油などで溶かし着色します。グラスミューラーですり潰して使用します。

■グリザイユ/ grisaille
ペインティングパウダーの一種です。ステンドグラス制作では、陰影や輪郭ライン処理表現でしばしば使われます。色は黒(灰色)や茶色なので、不透明のため厚塗りすると真っ黒になり、光を通りません。
窓に用いられたグリザイユ・ガラスの好例として、ヨーク大聖堂(York Minster)の北側の翼廊の端にある『5人姉妹の窓』があります。

■トランスペアレント/transparent
transparentは透明な、透き通る意です。ステンドグラスでのトランスペアレントは、透明感がありカラフルな色彩処理ができるペインティングパウダーを言います。グラデーション表現にも向いていて、例えば青色のステンドグラスに青色のトランスペアレントを使うと、きれいなグラデーションができます。
色数は豊富ですが、色によって色ムラができるや退色が早いとか、焼き上げる温度が異なるなどの弱点もあり、ペインティングで失敗することもあります。

■シルバーステイン/transparent
ステンドグラスの彩色用として使われるペインティングパウダーの一種です。オレンジ色や黄色など金茶系の発色を特徴とします。塗る濃さやガラスの色しだいで、色の調子も異なり、一様ではありません。例えば、透明ガラスに塗ると黄色、黄色のガラスだと茶色、茶色や赤いガラスであればこげ茶色、乳白色ガラスではオレンジ色になるので経験が必要です。
一方、単色ガラスに塗るのではなく、酸抜きガラスストーリーキーグラスに塗ると、その組み合わせで思いがけない色ができます。

■エマイユ(エナメル)/glass enamel
エナメル絵付けとは、低温で溶ける色ガラスの粉末を顔料として、ガラスに絵付けをする技法のことです。ステンドグラスでのエナメルは、多様な色彩表現ができる着色材料ですが、酸や摩擦に弱く剥がれやすいという難点もあります。
<使用上のポイント>
エナメルは小さな粒子でできているので、吸引しないようにマスク及び手袋が必要です。

■ラベンダー油
ステンドグラス用のペインティングパウダーを溶くメディムとして使用されます。

■グラスパレット/glass palette
ステンドグラス制作でペインティングパウダーを溶く時に用いるガラスの板で、グランドスラブとも言います。割れにくい5〜8ミリ程度で20センチ角のものが使われています。
・グランドスラブ


■アラビアゴム/Gum Arabic
アラビアゴムは、ペインティングパウダーの定着用溶剤で、水彩絵の具の固定材や切手の糊面にも使われている馴染みの深いメディムです。
水溶性のゴムのり溶剤と粉末がありますが、ステンドグラスの絵付けでは、白いパウダー状のアラビアゴムを使い、特にグリザイユと一緒に溶いて使用します。また、ガラスのスクリーン印刷では、エナメル釉、ラスターと一緒に使用することもできます。

クリックすると次の道具と材料に進みます。

◎商品についてのお願い
◎本製品は、すべてハンドメイドのオリジナル商品です。そのため写真と若干の違いがある場合があります。
◎材料のステンドグラスも全て手作りのため、写真と色の感じが若干異なる場合があります。
また、材料が廃版となって、写真と多少異なる色の場合もあります。
色が大幅に異なる場合はメールや電話でご相談いたしますので、ご了解ください。

商品についての最終更新日 : 2017-07-03

ページの先頭へ